blogsabtitle.gif
ののかでの出来事や日々感じたことなどご紹介いたします。
皆様からのご感想もお待ちしております!

2012年02月29日

2月の雪

no-titleno-titleno-titleno-title
雪の便りをもう一通掲載したいと思います
今日の雪は本当に奇麗でこの雪風景を皆様にお届けいたします
如何でしょうか
流石に水分を多く含んでいる雪であるため解けるのもはやく
昼過ぎにはかなりの部分が解けてしまいましたが
それでも陰の部分や吹きだまりの部分はまだ沢山残っています
この水分を含んだ雪は重くて竹や木があちらこちらで折れています
かなり大きな幹迄が折れ曲がっていてその威力にびっくりの髭のマスターです

テラスの雪かきも今年は終わりと思っていたのですがやれやれ又かとため息です
集めた雪で大きな雪だるまを造った明美シェフ、大きいだけでセンスが無い
自分でも納得の様子で写真を撮ってとも言わない
知らない人は雪だるまとも思わないだろうし
単なる雪の固まりがどうしてここにあるのと思うだろう
no-titleno-titleno-title

いよいよ明日から3月です
さあ、また明日から頑張るか!


posted by オーナー at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音も無く落ちる雪を見たことがありますか?

no-titleno-title

2月の最後になって久々の大雪です
何となく静かな張りつめた空気にうつらうつらしていたら心友hからメールが届く
別府は寒いけれども山は雪ではないだろうかとの文章に反応してカーテンを開ける
一面の銀世界に急いでカメラを取りに走る
無風状態のまま雪が降り積もったらしく木々の枝の端に迄奇麗につもっている
20センチくらいはつもっているだろうか
暫くの間シャッターをきる音しか聞こえてこない
かじかんだ手先に息を吹っかけながら窓の外の雪景色に見とれている

気温の上昇とともに枝の端の方からす〜と雪の固まりが音も無く落ちる
連鎖反応をするかの如く隣でも、またその隣でもす〜と落ちる
音も無く落ちる雪の芸術的な音楽にしばし耳と目を傾ける
音も無く落ちる雪を見たことがありますか?
それはとても神秘的で、幻想的で、この世のものとは思えない
小鳥さえもどこかで息をひそめて聞き入っているようであり一羽も飛ばない

no-titleno-title

瞬間的に由布岳が雲の合間から顔を覗かせた
真っ白な雪景色の上にぽっかりと浮かぶその様は
ここに住んで本当に良かったと思うくらいに凛々しくて素敵だ
2月が一日長い今年の末に神様からのホワイトプレゼントかな

明美シェフはと言うとまだ大鼾で爆睡中である
大物なのか、はたまた鈍感なのか、、、、そのどちらも当たっているような気がする
posted by オーナー at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

アニヨンハセヨ

no-titleno-title
韓国の放送局SBSが由布院にロケに来ている
今日が最終日、朝夕の食事のお世話から今日で解放される
一つの番組を制作するのも大勢のスタッフと大変な作業がいるものだ
文化の異なる他国での作業ともなると尚更のことである
せめて、食生活の管理だけでもと一念発起して頑張ったけれども
二人で30人分の朝夕の食事の賄いは思ったより大変であった
で、このカメラであるが約10キロの重さがあるそうで思ったよりも重い
十数年前韓国の春川でKBSのメンバーと飲んだことがある
友人の大学の撮影が終わった日に丁度行き会わせてついでに打ち上げに参加することとなった
若かった髭のマスターは勧められるままにビールをがぶ飲みして
酔っぱらった勢いでカメラをまわしたことがあった
今日ほど重く感じなかったのは若かったためか、酔っぱらっていたためか
念のためにこのカメラを抱えているのは髭のマスターではないので。
言わんでも解っていると後ろで明美シェフがのたまうけれども
さほど変わらないのでは思っている髭のマスターである
ちょっとだけ太めで足が短くて年老いているだけである
カメラマンのお兄さん曰くマスターの方が美男子ですよと、、、、、。
ちなみに彼は日本語がしゃべれないのでマスターの代弁なんですが、、、。
この世の中、言ったもの勝ちですよね
スタッフの皆と仲良くなりかけた時にこのプロジェクトが終了する

今度ソウルで飲みましょうとの挨拶にいい店をご案内しますよと
当たり前のように言い放つ馬鹿な髭のマスターであった
posted by オーナー at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

テラスで珈琲なんてお洒落!

no-titleno-titleno-title
暖かい日と寒い日が交互にやってくるこの季節
ぽかぽかの暖かい日にはテラスに出て珈琲を飲むのがいい
春の先取りと言うか、まったりとした時間と言うか
冬眠生活で止まってしまった体内時計をリセットするのにちょうどいい
cdをちょっとだけ音量をあげて由布岳を見上げながら飲む珈琲の旨いこと!
カサンドラウイルソンの戦車が近づいてくるような渋い声でテネシーワルツを聴く
心の奥底からこみ上げてくるものがある
それが何なのかわからないけれど泣きたいくらいに叫びたい
カップの底に残った冷めた珈琲の残りを飲み干して気持ちを整える

最近、懐かしい人から良く手紙が届く
珈琲のお代わりを少し濃いめに入れてそれを飲みながら返事を書く
決まって書く言葉が最近あまり飲めなくて寂しいと言うこと
手紙の向こう側の友も同じようである
暖かくなったら訪ねてみたくなる人があまりにも多くて、、、、。
考えてみたら暖かくなれば野乃花も忙しくなるだろうし
そうなれば相手がこちらに来るのが一番良い
手紙の一番最後においしい酒を抱えて遊びにこないか!と添えることにしている
それ迄に体調を整えて庭の手入れをしてお迎えの準備だ!

さーてと、忙しくなるぞ〜!
posted by オーナー at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

初孫ですか?

no-titleno-title

今朝の由布岳は霧氷の花を身に纏いとても奇麗である

朝寝坊をしていたら心友hの電話で叩き起こされてしまった
武爺は何時迄寝ちょるんか!と仕事モードの声である
うん〜?今日は日曜日のはずだけどと思いきや卒業式を前に大忙しとか?
土日も無く頑張っているようである
時計を見るとなんと9時を回っている
珈琲を飲みながら遅めの朝食をとる
庭の木々に小鳥の飛び廻るのが頻繁に見られるようになって来た
木々の芽もよく見るとだんだんと膨らんで来ている
そう言えば来週はもう3月なんだね
そろそろ庭の手入れの準備に取りかからなくてはと思っている

さて写真を整理していたらこんなのが出て来た
半ズボンと言うことは夏に違いないが去年か一昨年かは定かでない
とても人懐っこいt君で髭のマスターに抱っこされても泣かないが
明美シェフだと泣いてしまうからつくづく子供は正直だと思う
孫って可愛いんだろうな?

春が来る前に聞きたかったcdを思いっきり聞こうと思う髭のマスターである
posted by オーナー at 10:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。