blogsabtitle.gif
ののかでの出来事や日々感じたことなどご紹介いたします。
皆様からのご感想もお待ちしております!

2012年01月31日

福寿草の花が咲きました

no-titleno-title
今年も又いつものところに福寿草の花が咲きました
野乃花の庭で一番真っ先に咲く花です
花自体も奇麗な黄色ですがネーミングがいいですね
福に寿と本当にめでたい名前がついています
着実に近づいている春の足音を感じる事の嬉しさはここならではの幸せだと思う
自然に囲まれてのゆっくりとした生活についてその有難さを今一度考えてみたい

今日で一月も終わりである
新しい自分がそこにいて新しい生活がまた始まる
間もなく迎える59歳の誕生日の自分に少し強くなった心をプレゼントしたい
生きている事は素晴らしく生かされている事に謙虚でありたい
そして何よりも支えてくれている人々に感謝の気持ちで一杯です
有り難うございました



posted by オーナー at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

世界一高い珈琲、コピ、ルアク

世界一高価な珈琲、コピ、ルアクって知っていますか?
no-titleno-title

インドネシアのコピ、ルアク ジャコウネコの糞から採れるコーヒー豆を原料とした同国独特の珈琲
ジャコウネコが食べる珈琲の実のうち消化されずに排出される豆の部分を集めて焙煎する
ジャコウネコの胃液などの作用によって独特の香りが生まれるとあった


先日、大牟田の友人fが珍しいお土産ですと言って置いていったものであるが
この前バリに行った時に買って来た珈琲出そうだ。世界一高級な珈琲とされている。
で、お味の方は確かに美味しい!口に含んだときのさわやかさと飲み込む時に
あの珈琲独特の渋みが無いようだ。正直言って香りは今一のような気がした
ただ、単細胞の髭のマスターは高級と言われたそれだけで即おいしい!と言った傾向がある
f君、珈琲好きという事を覚えていてくれてありがとう、酒も好きだからね!!!

この季節、冬眠中の髭のマスターにはストーブの前でのコーヒーとジャズは必需品である
posted by オーナー at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

春の気配とともに

no-titleno-titleno-title
山はまだ雪化粧をしているのに桜を抱えて心友hとmがランチにやって来た
この季節に桜と思ったけど今の僕にはその可憐さと強さにはっとするものがあった
レストランでテラスで写真を撮れとhはなかなかうるさい
その上に今日のブログのネタはこれだとブログのご指導まで頂いた
仕事柄今が一番忙しい中、食事や個展の切符が手に入ったからと気にかけてくれる
持つべきものは友とつくずく思い知らされて頭が下がる
極め付きはこれである
DSC_0017.JPGDSC_0005.JPG
一足早いバレンタインデーのチョコレート
明美シェフにはゴリラじゃなかったゴリバとか言う高級チョコなのに対して
髭のマスターには豚の形のチョコレート、この差は何!と口にしようとしたが
する前にあまりにも似ていたのでとあっけらかんな顔をして言う
そう言えば似てるかなあと自分で思って笑ってしまった

桜といいチョコレートといい随分気の速いhであるが一瞬春の日が射して癒された
レストランでお出迎えしている桜の花を見にいらっしゃいませんか
この季節雪を愛でながら花見で一杯!なんて粋じゃありませんか!


posted by オーナー at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

友あり遠方より来る、また楽しからずや

no-title
今朝も寒さが半端ではなく連日の作業からの疲れもあり朝起きるのがまたまた遅くなってしまった
ヒヤシンスの花がいい香りを漂わせて咲いている
昨夜の友人との食事&話し込み、いや人生相談もどきに続き
今日また大牟田から久々の友人fがやって来た。尚一層ころころとしてちょっと安心。
また太ったんじゃないと切り出す前に太ちゃいましたとけらけら笑い飛ばすところが屈託なく何とも愛嬌があって好きだ
薪ストーブの前で珈琲を飲みながら半年ぶりの話題はつきない
友あり遠方より来たり、また楽しからずやというのはこういう状況をいいのだろう
たっぷりの生きる力を頂いてなんだか幸せな気分になる
今日は用事があるために泊まる事はもちろん夕食も一緒する事は出来なかったのが少し残念
fと久しぶりにゆっくりと酒を酌み交わしかったけれどまたの楽しみとしよう
今度福岡のなべさんで飲む事を約束して車を見送った
一時的に緩んだ寒さも又来週到来するようで血圧高めの髭のマスターには油断大敵だ
posted by オーナー at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

珈琲と炎と笑顔に包まれて

no-titleno-title

もうすぐ1月も終わりを迎えようとしている
2月になればすぐに59回目の誕生日だ
時には人生振り返るのも楽しいし、また必要な事だと思う
思うにいろんな人に支えられての今日があるような気がする
我が儘な性格の髭のマスターを支えてくださった方々に感謝いたします
そうだ!そうだ!と相づちを打つ人が多いようでやや引いてしまいそうだけど
そこは天性のo型がひょこっと顔を覗かせてそこが僕のいいところとさらーと
答えてしまうのはこの先も、いや死ぬまで直りそうも無い
いい年をして全く困ったものである!
だが、当の本人は困らせている感覚はちっとも無くむしろ、可愛いかろ!と
自分のペースに持ち込むのも伊達に59年も生きて来てないな!と納得顔。

コーヒーの木が又少し大きくなった
この木に真っ赤な実がなって何時の日か自分で焙煎したコーヒーが飲めるだろうかとゆっくりとネルドリップで入れたコーヒーを飲みながらとりとめも無い事を考えている
もちろん川内のfukakuraで買って来たコーヒーである
コーヒーの旨いところは思い出も一緒に味わえるところがいい

目の前の薪ストーブの炎がゆれている
お世話になった人達の笑顔が炎と一緒に語りかけて来て心の芯まで暖かくなる
感謝の気持ちをコーヒーの香りごと飲み込んで、ケイコ、リーを聴く
つい嬉しくなって気がつかないうちににやにやしていたらしく
後ろ頭の方で 気持ちわり〜 と現実に引き戻す悪魔の囁き
え〜、くそばばあ!と切り出すと孫もいないのにばばあと呼ぶな!このくそじじい!
と返ってくるのは火を見るより明らかなのでそこはさすが大人のマスター、
せっかくのいい気持ちが台無しになるのでにこ〜と笑いながら珈琲と一緒に一気に飲み込んでしまった
珈琲のほろ苦い味が五臓六腑に染み渡ったのは珈琲のせいだけではなさそうだ


外は雪化粧、まだまだ春遠い塚原高原の一日の出来事であった




posted by オーナー at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。