blogsabtitle.gif
ののかでの出来事や日々感じたことなどご紹介いたします。
皆様からのご感想もお待ちしております!

2011年11月27日

霊峰 由布岳 

由布岳1.jpg由布岳2.jpg
11月になると由布岳が白く輝く
何度見ても凛として素晴らしいものである
特に青空をバックに聳えているそれは暫し見入ってしまう
由布岳3.jpg由布岳4.jpg
今朝も思わずカメラのシャッターを押してしまった
橡の紅葉と白い由布岳が対照的で
秋と冬が同居しているみたいである
今朝は大霜で庭の草も一気に煮えてしまったが
日中は穏やかな春の日を思わせる陽気となった
白い由布岳に誘われるようにテラスに出てみた
何時もならビールと言いたいところであるが
なぜかダージリンをゆっくりと飲んでいる

サリナジョーンズのI lave you♪が身にしみる


posted by オーナー at 18:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

クリスマスツリー登場

11くりすます4.jpg11くりすます5.jpg
今年もクリスマスツリーを飾りつけた
幾つになっても楽しいものは変わらないものだ
飾りつけながらホワイトクリスマス♪を口ずさんでいる
誰かプレゼントくれないかなあと還暦近くになっても、、、、。
煙突の掃除をしておかなくちゃあ!
サンタが困るといけないからね、、、、。
全くとっちゃん坊やの髭のマスターである
11クリスマス1.jpg11クリスマス2.jpg11クリスマス3.jpg
今週に入って本格的な冬となり
由布岳も白い衣装を纏うことが多くなった
日増しに少なくなる木々の葉が
今年も押し迫っているのを伝えている
髭のマスターの10大ニュースは何であろうか?
薪ストーブの前でジャズでも聞きながら考えてみよう
あなたの10大ニュースは何ですか?

それにしても体の節々が痛いのはどうして?
あ!そういえば庭の手入れと
落ち葉集めに奮闘した一昨日のご褒美だった

当たり前のことが又出来る幸せに感謝しています
色々な人に 有難うございました と伝えたい
posted by オーナー at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

素敵な贈り物

2011冬1.jpg2011冬2.jpg
いよいよ本格的な冬の到来である
朝、布団から起き上がるのに躊躇する自分がいる
後5分、後5分を何度繰り返したであろうか
階下から何時までねちょるん!と鬼の声がした
寒さに身震いしたのか鬼の声に身震いしたのか
バネ仕掛けの人形みたいに飛び起きた髭のマスター
俺は九州男児だぞ♪と歌いながら戦場へと降りていった
2011冬3.jpg2011冬4.jpg2011ふゆ5.jpg
朝日にキラキラと輝くダイヤモンドのような輝き
柏の木も楓の木もマユミの木も皆お洒落を決め込んでいる
ついさっきまで眠い目をこすっていたのに急いでカメラへと走った
森の木々の舞踏会、、、それは朝日が当たるまでの短い時間
つんと澄ましてワルツを踊っているように見える
暫し幸せな時間がそこにあった

それはウイーンかそれともプラハからの素敵な贈り物

posted by オーナー at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

初冬の景色 干柿

今朝の冷え込みはぐ〜と身にしみた
年のせいと思っていたが見上げると由布岳の頂上が白くなっていた
寒いはずだ!歳のせいじゃなかったと胸を撫で下ろしている
今年初めてのガトーショコラの様な由布岳である
干し柿2.jpg干し柿1.jpg
今年も干柿を作った
柿は豊作のようであるが例年より少し小ぶりである
今日吊るしたばかりなのにもう目を付けている人がいる
この調子で行けば第2段を作らなければならなくなりそうだ
さて、この時期には干柿と焼き芋ははずせない
特に落ち葉で焼く焼き芋は絶品である
火に当たりながら焼きたての芋をほうばる
勿論左手には芋焼酎があるのは言うまでもない
焚き火をすることがめっきり少なくなった昨今であるが
ここ野乃花では恒例の行事となっている

posted by オーナー at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

霧の由布岳に想う!

今朝は昨日までの暖かさが一変して寒い朝となった
考えてみるともう既に11月をとうに過ぎ年賀状の
準備しなければならないようになっている
お客様がチェックアウトをされて暫しボーとしていたが
今日のテラスはボーとするには少し寒すぎた
霧の由布岳2.jpg霧の由布岳1.jpg
上空が少し冷えているのか由布岳の頂上あたりに霧がたなびいている
橡の木は既に黄色くなって落ち葉となっている木もある
一つため息をついて珈琲を口に運ぶ
ドヴォルダークのアメリカが頭の中を木霊する

神奈川の元気のいい女子3人に笑いっぱなしの昨夜は
腹の皮がよじれて少し痛い感じがする
病院へ行ったほうがいいのかなあ?
救急車事件があれは夢の中の出来事だったのかと思うくらい
本当に良く食べて、よく笑って、それからまた良く食べる
もうお腹一杯といいながら出したものは残らずに胃の中へと運ぶ
まるで 私達が日本を支えているのよ!と言わんばかりの勢いだ
見ていると 日本はまだまだ大丈夫だ!と安心さえする
野乃花の住民2名もお陰で元気を頂いて明日から又頑張れる
もう帰宅されて何時もの生活に戻っている頃であろうか

ちゃぶ台をひっくり返してご主人の前歯はもう折らないでと
祈りながら、頂いた八海山を飲んでいる髭のマスターである
posted by オーナー at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。